AOCMF

AOCMF Fellowship

目的

AOCMF Fellowshipとは、顎顔面領域に関る先生方を対象にAO Facultyによる手術手技や
その経験を学んでいただくための留学システムです。
この機会を通して、外傷、顎変形症、骨延長、腫瘍等に関する適応の選択、治療計画、
手術手技、そしてそれらのピットフォールなどを学んで頂く事がねらいです。

組織

AOCMF Fellowship は、ヨーロッパを中心に、スイス、ドイツ、オーストリア、ベルギー、スペイン、
英国、カナダをはじめ、香港、台湾やアメリカのAO Fellowship Unit (Fellowship受入施設)に申し込むことができます。
AO Education は、スイスのダボスにオフィスをおき、世界中のFellowshipの申込を
コーディネートしています。

各国のFellowship Unit (受入施設)

情報

AOCMF Fellowshipの滞在期間は、最短で4週間(1ヶ月)、最長では8週間(2ヶ月)まで可能です。渡航費はすべて本人の負担となりますが、 Fellowshipを受けられる方は、現地で日当を受け
取ることができます。この手当は期間中の滞在費や食費に充てるためのものです。

病院側で提供する宿泊施設は、基本的に1人用です。これは、毎日のルーティンワークや外科の仕事(たとえば緊急手術の手伝いなど)、そして滞在期間の短い Fellowshipにおいて最善の専門的トレーニングを受けるためのものです。もし家族を同行される場合は、病院側の了解と
他の宿泊施設が必要になります。その場合は本人が手配して、宿泊費を負担しなければなりません。また、緊急の場合、夜中に呼び出しが行われることもありますので、その心積もりが必要になります。

資格

AOCMF Fellowshipを申し込まれる方は、次の基準を満たしている必要があります。

  • 以前にAOCMF Courseを受講していること
  • AOCMF Membership AssociationのMemberであること
  • AOのインプラント使用経験があること
  • 外傷、顎変形症、骨延長、腫瘍等の手術手技や治療の知識を求めていること
  • 日常会話レベルの英語を話せること

申込方法

お申し込みは、AO Education指定の申込書と以下の書類の提出が必要となります。 Fellowshipへの参加を希望される先生は、申込書をダウンロードの上、必要事項を記入し下記の必要書類を同封してAO/ASIF CMF FEAC事務局代行まで送付してください。
その後、事務局が責任を持ってAO Education オフィスへ転送いたします。

必要書類 (全て英語)

  • 申込用紙 (タイプライティングが望ましい) 申込書ダウンロード
  • 履歴書(Curriculum Vitae)
  • 歯学部または医学部の卒業証明書
  • AOCMF Course修了証のコピー(国内外問わず可)
  • 応募者の上司(先輩・上役)2名からの推薦状   Sample
  • 応募者の投稿・学会発表文献のリスト表
  • 健康診断書   Sample
  • カラー&パスポートサイズの写真1枚(申込書に添付)
  • 英語力の証明書(TOEIC,TOEFLもしくは語学学校発行のもの)

注意事項

  • 締め切りはありませんが、Fellowship希望時期の8ヶ月前までにお申し込みください。
  • Fellowshipの受入国への入国ビザが必要な場合は、個人の責任でお取りください。
  • Fellowship受け入れ施設決定後、受け入れ施設の担当者との連絡はご自身でお取りください。
    ※ 不明な点はAOCMF Japan事務局にてサポートいたします。
  • Fellowshipの時期や受け入れ施設の状況等により、希望に沿えない場合があります。
  • 英語力の証明書が提出できない場合は、AO Asia Pacificより英語での電話面接が
    あります。

申込書送付先

AOCMF Japan事務局
〒102-0073
東京都千代田区九段北1丁目8番10号
住友不動産九段ビル14F

「AOCMF Fellowship申請書」と 明記のうえ送付ください