PARTICIPANT REPORT

AOCMF Course Awaji

2010 6/30 - 7/2

酒巻 美保 先生 (昭和大学 形成外科)

2010年6月30日から3日間にわたり淡路島で開催されたCranio-Maxillofacial Courseに参加させていただきました。
 臨床の現場で多く経験する顔面骨骨折ですが、経験の浅い私にとっては単独骨折でさえも不慣れで苦手意識があり、まして多発骨折ともなるともうお手上げといった状況です。そのため、まずはどうプランニングし実際の治療を行うべきなのか、基礎から学習したいと思い今回のコースに参加させていただきました。

Image 初日は下顎骨骨折に関する講義・実習で、講義中飛び交うLoad sharing・Load bearing・・・といった言葉に困惑し、あらためて自分の知識不足を認識しました。しかし、講師の先生方のわかりやすいスライドと重要なポイントはくりかえし説明していただいたことにより何とか理解することができました。さらに実習では顎・頭蓋モデルを用いて、顎間固定から骨固定を体験することができ、臨床では未経験であった骨固定を講師の先生に丁寧に指導していただきながら学習することができました。講義で教えていただいた内容を、即座に実習で再確認するといった形ですすめられるため、効率良く内容を理解することができ、実習で手を動かすことでリフレッシュしながら講義を受講することができました。また、夕食時に行われたFire-side discussionと称した症例検討会は臨床に即した内容となっており、日中の講義内容を応用しながら、症例提示に対してとにかく理論的に考えてプランニングするといったトレーニングができました。さらに討論形式であるため、多くの意見を聞くこともでき、さらに理解を深めることができました。
2・3日目は中顔面の骨折・頭蓋の先天異常等について学習し、実習では骨切りまで体験することができ、ハードスケジュールではありましたがかなり有意義なものとなりました。まだまだ十分に理解できたとは言い難いところではありますが、今回のコースに参加したことにより、骨折に対してどのように考え・プランニングするのかというアプローチの糸口をつかめたような気がします。また当初いだいていた苦手意識も少しは克服できたのではないかと思います。今回学習したことを今後の臨床に生かし、さらに顔面骨骨折等の経験を重ねたときに生じるであろう疑問を解決すべく、今後も機会があれば再度受講してみたいと考えています。
 最後になりましたが、講師の先生方をはじめ、私たちの理解の助けとなった同時通訳の方々、そして主催してくださった関係者の方々に感謝いたします。
 はじめて訪れた淡路島の思い出は、真っ暗な夜の海の景色だけとなってしまいましたが、いつかまたゆっくりと訪れてみたいと思います。